絵つき日記
2011年3月

家が流されて土台だけになっています
月曜日、ガソリンが買えたので石巻の姉に会いに行ってきました。

いつもなら2時間ぐらいで行けるのにいつも通る道が通れないので遠回りして、3時間以上かかってしまいました。

震災から2週間以上経ちましたが、瓦礫の山がまだまだうず高く積まれた状態です。

車で移動中、ひっきりなしにサイレンを鳴らしながら救急車が走っていました。
その救急車のナンバーはすべて県外ナンバーでした。
支援にきてくれているのです。

途中、郵便屋さんの赤いバイクを沢山積んだトラックも見ました。津波でバイクが流されて配達が出来なくなったから、他県から集められたのでしょう。
瓦礫の中を赤い自転車で郵便屋さんが配達をしていました。被害の軽いところからどんどん日常を取り戻してきています。

津波が去った後の瓦礫が脇によけられただけの道路は土ぼこりがすごくて、まるで日本じゃないみたです。
中東の戦場みたいな感じでした。
自衛隊の支援トラックが何台も行きかっていました。
危険で大変な作業してくれて本当にありがとうという気持ちがこみあげてきました。

今日、もと自衛隊員の友人(女性)が明日から災害派遣に出るとのメールをくれました。
どうか怪我の無いように気をつけて欲しいです。災害現場で危険で無いところなんて無いのだから。


流されてきた車
2011年3月28日(月)
石巻へ行きました
管理人さんのおかげでガソリンを半分位確保できたのと、ジャズじいが朝早くスタンドに並んで給油できたので、ほぼ満タンにすることができました。

会社に行くつもりで家を出たジャズじいですが、「ガソリンを入れることができたから石巻へ行こう!」と電話をくれました。
「そうだね、行こう!」
急遽会社にお休みの電話を入れて、これまで頂いた救援物資を全部持って姉のところへ行くことにしました。

ジャズじいが仕事先の会社から配給された
「こしひかり米2kg」

お隣の大手建設会社のTさんから頂いた救援物資

みやぎ生協から頂いた救援物資

それから親切にした茨城の人(名前わからず・笑)から頂いた洋風カステラ
と買い置きのサラダ油やお菓子をいくつかと灯油用の空のポリタンクを持って石巻を目指しました。



通常石巻へ行くには東北道→仙台東部道路→三陸道と通って行くのですが、地震の影響で三陸道の一部区間、鳴瀬東松島から先が通行止めということで、国道45号線も海側で通れない区間もあるらしいので、これまで通ったことが無いけど山側の道路を地図とナビを使いながら行きました。

途中、鹿島台町で灯油が買えました。
海から離れた町なので地震の影響が無いようにも見えましたが、途中橋が渡れないところやデコボコに穴が空いている道がありました


鹿島台町から町道(?)16号をずーーーーっと石巻河南方面に向かって、石巻日赤病院がある蛇田地区に到着しました。
被害の酷い門脇地区には入らなかったのでわからないのですが、中里と呼ばれる商業地域でも信号機が点いていなくてどうやらそこかしこで停電しているらしいというのが分かり、大きな道路を挟んで反対側には家と家の間にごみや瓦礫が山積みされている様子からすぐそこまで水が入ってきたことがわかりました。

当初通行止めと思われていた鹿妻地区に通じているトンネルが通れる様だったので、おそるおそる通ってみたら、そこの惨状はまるで戦場の様でした。

スーパーの駐車場スペースに家が流れ込んでいます。
沢山の自衛隊の方々が瓦礫の撤去作業をしていたので、これでもだいぶ片付いた状態の様です。

車が家の横にさかさまの状態です。

半壊した住宅の横で焚き火で煮炊きをしている人々がいました。


さまざまな瓦礫と車が流れ着いて大きなおうちの前で重なりあっていました。

TVや画像で見ても凄まじいと思うのですが、実際に見ると言葉が出ません。
これまでに経験したことの無いショックを経験すると思考が停止するのかもしれません。
ジャズじいは気持ちが悪くなってしまいました。

地獄絵図の様な瓦礫の道を通って、無事に姉と甥と姪に再会できました。
お義兄さんは隣の家の土建屋さんのお手伝いに出かけていました。
お義兄さんの勤める会社は建物すべて流されて崩壊した様です。今後どうなるかわからないそうです。
家は万石浦という入り江になっている場所にあるので、浸水した家屋も何件かありましたが津波の被害に直接あう事はありませんでした。
津波が来たところと来なかったところの差があまりにも激しいので、その景色を見ている自分の感覚がおかしな、なんとも形容しがたい変な感じになります。
姉一家は2週間にも及ぶ停電で今は電気は通ったものの断水と電話が通じない状態がまだ続いています。
必要な物はやはり移動の為のガソリンと暖をとる為の灯油です。
それからお風呂。
持って行った物資は少しばかりだけど喜んでもらえました。
石巻への援助物資はやっと全体に届き始めていますが、この惨状を見ると復興する日がいつになるのかまったく分からないのが正直な気持ちです。

幸い姉はたくましく元気にしていました。
ガソリンと灯油以外に欲しいものは?
「肉」だって(笑)


被災した方々皆が早く普通の生活が送れるようにと願うばかりです。





2011年3月27日(日)
樹木伐採作業
毎日強い余震が続いています、常に自分が揺れているめまいの様な感覚があります。

地震後のワタシは家の片づけをしながらチェーンソーで薪を少し作ったりして過ごしております。
バーナー作業に戻りたいけど、一日に何度か震度3以上の揺れが続く状態ではまだ無理みたいです。

昨日土曜日は朝からガソリンを捜し求めて下山したものの、購入できず…。
ガソリンは無理だったけど、食料品はお店を5店ぐらい梯子して野菜や肉をいくらか買うことができました。

ガソリンが買えずじまいで落胆して家に戻る途中で、この別荘地の管理人さんから「ガソリンは足りてる?」とお声をかけていただいた。
管理人さんが予備で買っていた19ℓを分けていただくことになり、本当に助かりました。
これでまた一週間は持ちそうです。
いつになったら並ばずに買えるんだろうなぁ~~。

灯油も10ℓずつしか買えないから、何度も足を運ぶことが無理なのでファンヒーターの灯油は節約して炊かないといけません、夜は薪ストーブと思うんだけど、今シーズンの薪はもう無くて…。
庭に朽ちて落ちている太目の枝を集めてチェーンソーでカットしてすこしずつくべて暖を取っています。
次のシーズンの薪対策はちょっと強化しないとダメですね~~。

もうすぐ春だというのに毎日冷え込みが厳しくて、金曜日は雪が10cmぐらい積もりました。

さて、日曜日の今日は夫婦で道路の脇の桑の木の枝を伐採しました。
薪用ではなくて(笑)桑の実が道路に落ちて汚してしまうので道に乗り出している部分を切りました。
大胆にカットしちゃって木にはちょっとかわいそうな気がしますが、隣に植えた桜の木に陽が当たらないからやっぱり切らないとダメなんです。ごめんなさいです。

しばらくは切り落とした枝の粉砕作業がワタシのお仕事になりそうです。
バンダナで髪を覆ってマスクにゴーグルに作業ズボンに作業ジャンパーを着て花粉対策万全で挑みます(笑
ここのところ猛烈に目が痒くて~~~~、大変です。


究極のみじめおでんです(笑♪
こんぶと頂き物の大根とじゃがいも、のみ!!!
練り物が入らないのって初めてです。
ヘルシー野菜煮って感じでした。あはははー。

食べるものはなんとかなっています。
山暮らしなんでまめに買い物に出られないから普段から米は10kgストックしていたし、乾麺類(そうめん、うどん、そば、スパゲティ)
はもちろんこんぶや炊き込みご飯の素(笑)粉類(パンが焼けます)をがっちり用意していたので、二週間以上経ってもまだ大丈夫です。
缶詰もあるし(笑

今食べたいのは…ケンタッキーフライドチキン?あははははは。
肉~~~~♪

仙台市内の食べ物屋さんもちらほら営業再開したようだけど、ケンタッキー幸町店は2時には品切れしたみたいだねー。
お客さま殺到するそうよ~~。



去年植えた球根の花「スノードロップ」が咲きました。
小さい春です♪
2011年3月22日
東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方、被災された方に
お悔やみとお見舞いを申し上げます。

3月11日に起こった大地震で知人の皆様から沢山のメールを頂いていました、ご心配いただいて本当にありがとうございます。
ワタシたちの住んでいる蔵王のお山はほとんど被害が無かったものの、6日間、停電と断水でネットも携帯も圏外となり、
外部と連絡を取りたくても取りようが無く、孤立した状態が続いておりました。
電気が途絶えていた間、感度の悪い手回し発電ラジオひとつと ジャズじいが携帯の非常用充電器を持っていたので夜の短い時間だけワンセグでTVを見て外の情報を得ていました。


仙台の友人は皆無事でしたが、ガスが一部の区域でしか復旧していないので、お風呂が使えない状態が続いています。
ワタシの姉は石巻市に住んでいて、震災から一週間目に安否の確認が出来ました。
奇跡的に水害を免れた様ですが、周りは津波で押し流された瓦礫が山積みになっている状態です。
そしてまだ電気が通じなく灯油やガソリンも乏しい状態が続いています。
話が出来たのは一分も無く、いまだに電話が通じない状態は続いています。

助けに行きたくても、うちの車にも行けるだけのガソリンが無く、まだ道路が寸断されているので一般車が通れず何も出来なくて悔しい思いです。
それでも電話をくれた姉の明るい元気な声に勇気付けられました。
私たち姉妹は前向きな性格なのがとりえなので、どんなに困難なことでも彼女なら切り抜けてくれると思います。

ジャズじいは今日(22日火曜日)から会社に出社しました。

つらいけど落ち込んでばかりでいられないから、早く日常を取り戻せるようにお互いがんばりましょう!!!






桜の玉作りました
2011年3月日()
なんと!ノートパソコンが故障しました。
先週金曜日に生協宅配の注文をしようと電源を入れたら、ウィンドウズが上がらない…、 ぎょ~~~!!
ど・う・し・ち・やったのうぅぅ~~

なんとか復旧させようと、パソコンの指示に従って作業するも…
購入時からリカバリーCDなんぞ付いてきて無いのに
「リカバリーCDを入れてみて下さい」とか~~、
「問題をチェックしてから復旧作業します」
というメッセージが出るのに全然復旧することはなく同じメッセージの繰り返しで~(涙)
自力ではもうお手上げ~。

ジャズじいの帰宅を待ってからパソコンを見てもらうと、
「わ~~、こんな状態初めてだよね…」のお言葉。

しばらくいろいろ試した結果は。
なんとか復旧はできそうだけど、これまでのデーターは消去され、出荷当時の状態に戻すしか方法は無いそうで…。
でも最終手段としては パソコンからハードディスクを取り出して中のデーターを移すという方法があるとのこと。

さっそくジャズじいはノートパソコンの背面ネジを精密ドライバーで ぐるぐると回しー、
ブリッとハードディスクを取り出しました。 いつもながら大胆です…。

そして、ジャズじいのノートパソコンにハードディスクをせつぞく~…しましたが。
アクセス出来ず…。応答なし…。
「うーーーん、データーは救えなかったよ、残念です」とジャズじい
「はい、ありがとうございます」
しかし…お山に越してからの一年の画像の記録がもったいなかったなぁ~~くすん。
るりかみきりとかクモやぞうむしの素敵な写真がいっぱいあったのになぁ~~残念。
バックアップ取っておけば良かったなぁ~~またやっちゃったー。


で~~、今こうしてその時のことを書いているわけなんですが…

出荷状態の真新しい状態のノートパソコンになっちゃったなわけで、
使い慣れているのに他人の様な、
記憶喪失になった兄弟に 接しているようなそんな感じです。
これまでにインストールしたHP作成ソフトとか 画像管理ソフトとかも消えてるんで不便この上ない。(泣

前々から調子の悪かったCDドライバーもとうとうこの機会に壊れたみたいで、
使っていたソフトをインストールしようとしましたが、ハングしちゃって全然読み込みしてくれない~~。
これは修理なんだな…。ぬーーーん。

とにかく日記に記録しておこうと思い、フリーウェアのHTMLエディタとFFTPツールをダウンロードして日記を 書いてます。
基本、これさえあればホームページは作れるんですけどもーも~も~。
ここ数年、HP作成ソフトでタグ書かないで楽してたから、
久しぶりに一からの作業はやっぱり面倒くさい(笑)です。ははは。
とりあえずご報告でした~~。