絵つき日記
2007年2月

2007年2月28日(水)
わんこ玉
かえる玉の作り方を応用して、わんこが作れないかなーと思い立ち作ってみました。
まだまだ無地玉で中心を取るのもおぼつか無い状態なのに、作りたい気持ちだけで挑戦してみました。

結果はどれも、『変』。

でも、数を作っているうちに「こうすれば」「ああすれば」と自分なりに気が付いたりする点が出てきて、実際にやってみてうまくいったり、ダメだったりと為になった。


左がパグのつもり
右はうちのわんこ2号
どちらも中心取れてないです(涙
かえる玉のきれいに出来たものはストラップにしました。
下にはおたまじゃくしが付いてます。
これもせんせいに教えていただきました。
2007年2月27日(火)
花粉症とめまひ
今日は花粉症の薬を貰いに隣町の病院へ行きました。
ここのところ花粉症の症状が悪化して、特に目が痒くて堪りません。
年々酷くなってきているなぁーと感じます。

今回はより強力な薬が処方されました。
副作用が強いものみたいです。
悲しいけど、しばらくは禁酒です。(しくしく
それから、人によってはウツっぽくなる人もいるようです。
勝手に飲むのを中止してはいけないので、自分で「おかしい」と思ったら医者のところへ来るようにと言われました。
それから、血液検査をされました。

・・・。
なぜ、4週間前にしないのか?
初めに診察したときは問診で終わり、すぐに薬を出してもらった。
その2週間後もちゃんと再診したから「本気でうちの病院に通うのか?」と医者は思ったのだろうか?
そして、4週が過ぎた。
また訪れた患者。
「じゃー、そろそろちゃんとした検査しようかなー?」
そうなのかな?

それとも、「他のビヨウキの可能性があるのかも?頭からはフケが出ているようだし・・・
そうなのか?

血液検査は仙台の病院で一度やってるから、アレルギーに間違いはないのだが・・・。
ま、いいや。
2週間後には結果が出るわけだし。

と診察が終わってから、あれこれと考えているうちにお会計で名前を呼ばれた。
「はい」と返事をしてすくっと立ち上がったら、ぐろぐろと眩暈が。
そういえば朝、顔を洗っているときも揺れたようなきがしたけど、あれは眩暈だったかな?
「なんだなんだ」と思いながら、会計を済ませて。
そのまま病院を後にした。
途中、ダイソーに寄った時もぐらぐら~~と眩暈。

あらら、やばいかな?

ちゃんと買い物を済ませて、自転車に乗って家に帰り、着替えないうちにわんこの散歩に出掛けた。
その日は半日くらいくるくる、ぐろぐろと眩暈がしてた。

血圧かなぁ~~。

なんで病院にいるのに診てもらわないんだ?ワタシは?
2007年2月24日(土)
さようならくるまぁー
仙台のマンションのお隣に住むぷーままのご主人のご好意で、わしら夫婦の車を横浜から仙台へ移動していただける事になったので、東京で(ご主人は東京でお仕事されている方です)一緒に住んでいる娘さんと車で仙台へ帰省してくれました。

どうもどうも、本当にありがとうございます。(へこへこ

というのも、わんこ一号が亡くなった今、仙台へ移動する手段として車でなければならないということが無くなったからです。
わんこ二号は新幹線で移動できる大きさですし、車で横浜~仙台を移動することができない夫婦に車は必要無し。ということで、仙台に持って行ってもらうことにしました。
(田舎者でぇーす♪首都高怖いもーん

ぷーままのご主人にはわざわざ車を取りに新宿から横浜まで電車できていただいた上におみやげまでいただきました。
どぉぉぉぉー(滝の涙~~

うちからはお礼としてビール一箱・・・。さ、ささやかですがぁぁ~(汗

今後は仙台から蔵王へ移動の際に車は必要になるかと思います。
本当に周りの方々にお世話になりっぱなしの、夫婦でございます。
足を向けて眠れません。はい。


おや?
これなんでつか?

残念ながらわんこは食べられません
太郎ちゃんの「牛乳カステラ」
旨かったです~~♪
2007年2月18日(日)のち
気が付けばこんな季節
久々に絵を書いたら、変。

ながーーーい、休暇をいただいておりました。
また懲りずに再開です。
これまでの事はおいおい書き足していきたいと思いますので、過去の日記もちょいちょい覗いて下さいまし。

------------------------------------------------------------
ジャズじいが先週の連休明け(13日頃)から、体調を崩してしまいました。

連休の次の日に会社を休むのは非常に気が引けると言いながらも、その日は病院へ行って一日ゆっくり休むことにしました。
くしゃみを連発、鼻水ずるずるしていたので、ロックおばちゃんの見立てでは絶対花粉症に違いないと思っておりましたが、医者の診断は風邪とのこと。
一日の殆どを寝て過ごしたのだけれど、次の日もなんとなくだるくて調子が悪いと訴えるジャズじい。
去年の疲れも溜まっているのかもしれないし、仕事も今はめちゃめちゃ忙しくない状態なので、休めるうちに休んだほうがいいよ。と翌日もロックおばちゃんが無理矢理休ませました。
その日の午後はわりと調子が戻ってきたみたいで、少しの間起きて好きな事をしたりしていました。
くしゃみと鼻水があいかわらずだったので、「ジャズじいは絶対花粉症だよ」と言い続けました。
ジャズじいは「今回は風邪だ!」と言い張っていました。

次の日は木曜日。
まだ本調子ではないけれど、この日は出社したジャズじいでしたが、夜7時過ぎには(いつもは10時過ぎまで仕事してます)帰宅しました。
どうやら体調が良くない様でした。
くしゃみと鼻水は相変わらずで、熱を計ったら6度8分と少し微熱があるくらい。

これは絶対花粉症なんだよなぁ・・・

金曜日。
木曜日に無理をして出社した為なのか、ジャズじいはまた体調を崩してしまった。
どうにもこうにもだるいみたい。
熱は相変わらず。
くしゃみと鼻水も相変わらずで、鼻が詰まって口で「はーはー」呼吸している。
この日もお休みすることにした。
やはり無理は禁物です。

でも、ロックおばちゃんの見立てでは身体がだるいのは疲労でくしゃみと鼻水は花粉症に間違いなかった。

夕方になると、ジャズじい本人も「花粉症なのかなぁ~」と呟くようになった。
「そうだそうだ」とワタシ。
医者からもらった薬も無くなりそうだから、明日土曜日にまた医者に行って、花粉症の薬をもらって来るといいよ。と言ったら、「うん、そうするよ」と納得しはじめた。

土曜日。
ロックおばちゃんはガラス工房へ行く日なので、朝は忙しい。
わんこの散歩が終わったあとに支度をして11時半過ぎには部屋を出ないといけない。
ジャズじいに病院へちゃんと行くんだよー、と言いながら出掛けた。
帰りは焼き鳥を買って5時過ぎに戻った。
部屋は真っ暗で誰もいない様な感じだった。
声をかけたら、ジャズじいは寝室で休んでいた。
「大丈夫?」と声をかけたら
「具合が悪いんだ」とジャズじいの具合の悪そうな声が返って来た。
熱を計ったら、7度7分。あちゃっ高い!!
どうやら具合が悪すぎて病院へは行かなかったという。

ロック「ありゃー、風邪だったね。ごめん」
ジャズ「だから、風邪だって言ってるでしょう」
ロック「ささ、こんな時はうまいもん食べてゲンキになろうー」
と、自分だけ焼き鳥をパクついて食べ始めたけど、
ジャズじいは食欲が無いみたいだ。
雑炊なら食べられる様なので鳥ダシの雑炊を作ったら半分食べてくれた。
そのまますぐに横になったけれど、このあと8度2分まで熱が高くなった。
アイスノンを仙台に置いてきていたので、氷枕はわんこのペットシーツに水を含ませて凍らせた自家製アイスノン。
夏に暑くて寝苦しいのでいくつか作っておいたのだ。
でも、ジャズじいはこれが『元・ペットシート』なのがイヤみたい・・・。
それでも無いよりはましでした。

そして、今日(日曜日)。
熱は7度代まで下がっていました。
近くの病院が日曜日も診察をしているので、とても助かる。

1時間ほどで病院からジャズじいがふらふらで戻ってきた。

ロック「大丈夫?解熱剤もらってきた?」

ジャズ「あのね、インフルエンザだって・・・」

ロック「え?・・・うそん」

ジャズ「うそじゃないよ!」

ロック「え?じゃあ、タミフルもらってきたの?」

ジャズ「そう、タミフルもらってきたよ。大至急飲めって」
と言ったジャズじいの手にはタミフルのカプセルがぴかーーーっと光を放っておりました。

ロック「えええー、でもさ熱の出方変だよ。インフルエンザってががーって発熱するじゃん」
ジャズ「ちゃんと鼻の粘膜を採取して検査したんだよ。A型だって」

ロック「ええええええええーーーーうそん、うそん」

ということで、なかなか真実を受け入れることができないワタシでした。

ジャズじいは現在完璧ダウンしています。

タミフル効けばいいなぁ・・・
        神経にじゃなくて・・・。

2007年2月17日(土)
かえる玉
昨年11月から川崎にあるガラス工房「彩」でとんぼ玉を習い始めました。
先月、やっと無地玉という玉を作る過程に入ったので、今週はせんせいにデモをお願いして、「かえる玉」の作り方を教えて頂きました。

画像向かって右側がせんせいの見本作品です。
うしろのピンクのがワタシが初めて作った「かえる玉」です。
せんせいのは形がしっかりしていて、全然ちがうなぁ~~(当たり前だろ!
とため息が出ちゃいます。

この日、部屋に戻ったら調子を崩していたジャズじいが熱を出して寝込んでおりました。
あららー、風邪だろうから日曜日でも診てくれる病院へ行くことにして、今夜は安静にしてもらうことにしました。
2007年2月12日(月)
タミさんの南部鉄瓶・・・
ジャズじいが「焼きたてのパンが食べたい」と先月から言い続けている。

うちには、材料を放り込めば自宅で焼きたてのパンが食べられるマシーンがあるけれど、そのマシーンで作ったパンはジャズじいのお気に召さないらしい。

どうやら、1月に世田谷に住むロック夫妻のところへ遊びに行ったとき、ランチを食べにサンマルクのレストランで食べた焼き立てのくるみパンがそうとう旨かったらしく、『あの』くるみパンをまた食べたい。と言ってるらしかった。

夫の願いであれば叶えてあげたいのは妻の務めであるが、わが家のオーブンは仙台のマンションに置いてきたので、パンを焼く為の手段がないのだ。

さて、どうしたものかと思案中だった先々週、たまたま生協の宅配チラシの雑貨欄に「タミさんのパン焼き鍋」というものが掲載されていた。
これまでも何度となく雑誌の広告欄や便利グッツのページで見た事のある鍋だった。
オーブンを持っていれば、何もガスレンジでパンを焼く事はしないので、気にも止めなかったものだった。
あー、今のわが家にはコレが必要なのかも・・・と思いミニサイズを購入することに決めた。
鍋が届いたのは先週木曜日(8日)、ジャズじいに「これでパンが焼けるよー」と鍋を見せたら、とても喜んでくれました。

さて、このお鍋は岩手県の南部鉄器ので作られた鍋で鋳物でできてます。ワタクシなぜか南部鉄器を「南部鉄瓶」と言ってしまい、ジャズじいに「南部鉄器」と訂正されてしまいます。
頭ではわかっているのに、「南部鉄器」と言おうとするときに、ジャズじいのご実家の近くの新幹線駅の前にどかんと鎮座しているでっかい南部鉄器でできた鉄瓶をぼや~~~んと思い浮かべてしまうので、つい「南部鉄瓶」と言ってしまうのでした。
「なんぶてつびん」響きがすき~~♪

さて、さっそくくるみを買ってきて作りました。
見た目はよろしくないですが、ちゃんと香ばしい焼きたてパンができました。味はかなり再現できたようです。

ジャズじいは「これだよ、これー」と言って大満足の様子でした。

さて、このお鍋。
レシピが付いていますが、すべてパンケーキの作り方になっています。
醗酵するパンの作り方が載ってなくて、ネットでも調べましたが、ほとんど情報がなかったので、感で焼いてみました。
普通にパンの生地を作って(ワタシは強力粉の袋に書いてあるパンの作り方で作りました)2次醗酵させたパンの生地をまるーく形成して鍋に並べて、10分弱火で焼いて、一旦火を止めて、また5分弱火で焼いて、最後にひっくり返して上の方に焼き目を付けて完成しました。
なんとかなるもんです。

形成はジャズじいが自分でやりたがったので、余分なガスの抜き方とかを教えながら2人で丸めました。
たまには夫婦で一緒に作るのも楽しかったです♪


断面です
2007年2月4日(日)
ふぐを食べた日
この日は記念すべき日だ。
他の日の日記を書き忘れても、この日だけは書き残さねばならないと思ったよ。

なななななんとー!!
ずーっと食べたいと願っていた、ふぐを食べたのです。
2月4日はわが家のふぐを食べた記念日だ~~(じぃぃ~~ん 涙

ふぐは生協の宅配のお取り寄せ(冷凍)です。
お作り(刺身)としゃぶしゃぶを頂きました。
お店で食べるのは今後も多分、無理だから(こんなこと書くと、ジャズじいが泣く・・・「ごめんよー、びんぼうでぇー」と泣く
いや、しかしお取り寄せとはいえ、痩せても枯れても「ふぐ」は「ふぐ」といったところなんでしょうか?お店で食べた事が無いので、比べ様がありませんが、
うめえのなんのって、なんじゃこらー!!
って夫婦で「ふんがーふんがー」鼻息荒くしてむさぼり食いました。

本当に旨かったです。
特にしゃぶしゃぶの後のおじやが堪らなく旨かったです。(涙~~
前にヒップホップおばちゃんが言っていた通りでした。
「うまうまー」
でした。
また、来年ぐらいに食べたいナァー。(遠い目・・・