絵つき日記
2006年1月

2006年1月29日(日)
バラバラーン
ゲスト・ルーム兼物置にしていた部屋をわんこ用に空けるため、色々と
荷物を移動した。

ジャズじいが普段会社に着ていくワイシャツやスーツを掛けている木製の衣料
ラックも隣の部屋へ移すことにした。
木製衣料ラックはキャスターが付いているので、そのままコロコロと引っ張って、
移動が可能だった。
だった。
の、はずだった。
残念ながらそのラックは部屋へ移動している途中、うそのようにバラバラになって
壊れた。

元に戻せるだろうと軽く考えていたら、不可能だった。

悔しいので、木工用ボンドでボルト部分を固めて、片端を針金で倒れないように
止めた。
服を掛けたり、はずしたりすると危うげにグラグラ揺れます。

ううーーーん。
どうにかして直したいよぅー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ノートPCでも絵が書けるようになりました!
アマゾンでお絵かき用の安いタブレット
XP-3300A/SL 3インチペンタブレット シルバー
を見つけたので、
購入しました値段の割にはすぐれものです。
書き心地はけっこう良いですよ〜。


こわいよ…
2006年1月24日(火)ときどき
でんきビリビリ
皆さんは『感電』ってしたことありますか?

一般的には手が水で濡れたままコンセントを差したりすると”ビリビリ”と
なったりするアレです。

人って一生のうちに何回くらい感電するんだろうね?

なんでそんな事を思ったかというと、天才チンパンジーのパン君が出てるTV
番組で、(一週間以上前の内容なんだけど)パン君が旅館に行ってお手伝いする
ということで客室に掃除機をかけるシーンでちゃんと自分で掃除機のコンセントを
差したからでした。

それを見て、ワタシ思わず「すげーーー!!」と叫んじゃいました。
そりゃ画面の映らないところにトレーナーさんがいて指示をしているんだろう事は
理解してますけど、チンパンジーの指でちゃんとコンセントを差し込める事が
スバラシイと感じたのでした。
なぜならば、このワタシ小学1年生ぐらいの頃にコンセントのでっぱりの片側だけを
間違えてズレて差し込んでしまった経験があるからです。
”ビリビリ”してびっくりしたのと怖かったって記憶がいまだにあります。

でも、この時点で小学生のワタシはチンパンジーのパン君に負けちゃったんです
ねぇ…。えらいなぁ〜パン君。

感電はこわいよね。
ワタシは洗濯機とトースターで感電したことがあるよ。
どっちも漏電で小学生だったころのこと。

洗濯機は風呂場に置いてアースもしないで使って老朽化したからだと思う。
二漕式で脱水機に手を入れたら肘のあたりまで”びりびり”した。
母親はまだ使えるから(洗濯漕が回るから)洗濯物を取り出す度にコンセントを抜けと
ワタシに言った。洗濯するのすげーーーーこわかった。
姉はキモが太いので風呂に入りながら洗濯機回してました。…もっとこわい。

トースターもしかり、使いすぎてぼろぼろでパンカスで詰まってた状態で、焼けたパン
を取ろうとしたら感電した。
パン触ったら”びりびり”するの。こわいよホント。

なんでももそうだけど、家庭内の事件事故の被害者第一号はいつも自分だった。
トースターは煙がもうもう出るまでは使っていた。
パンを入れてスイッチオンしたら焼けるまで待って「チーーン」って焼けたら、コンセント抜いてパンを取り出してたっけ。

モノを大事にするにも限度があるよね。

えづく二人…
2006年1月23日(月)のち
おえ〜っ
ワタシは小さい頃から冬に暖かいおうちから出て急に外の冷たい空気を吸い込むと「おえ〜っ」となってしまいます。
夏に暑すぎても「おえ〜っ」っとなっちゃんですけどね。

自分は特異な体質かと思っていたら、先日ジャズじいもえづいていた。
どうやら今年に入ってから寒い外に出ると「おえ〜っ」となっちゃうらしい。

二人で仲良くえづきながら近くのジャスコへ歩いてお買い物ですよ〜♪

夫婦って年月を経て似てくるもんなんですねぇー。
しみじみ。

ちなみに今朝も雪が舞う中、わんこのお散歩。
おえおえ言いながら歩きます。


http://www.maplehomes.co.jp/gallery/ac/01.html
このサイトのこんなお家が夢ですねぇー↑
2006年1月22日(日)
目の保養に行ってきました
今日はジャズじいとオープンハウス(ハウス展示場)を見学してきました。

展示場はちょいと街外れにあるので、郡部方面にあまり来たことがない夫婦は
見事に道に迷ってしまいました。(車に乗ってから地図忘れたことに気がついたぁぁ)
感を頼りになんとか目的地に到着しました。
残念ながら内装の撮影は禁止でござった。
モデル・ハウスと違って人のお家を見せてもらってるからです。
内部は木目が美しいとてもオシャレな作りでした。
HIクッキングヒーターだし、食洗器もビルド式でした。(ステキ!
階段下の物置はハリー・ポッターが寝起きしているくらいのスペースがあって
イギリス家屋の良いところがふんだんに取り入れられていました。
目の保養〜目の保養〜♪

ほんとは土曜日に来る予定だった。
意気揚々と張り切って早起きしたのに車のバッテリーが上がっちゃって、充電する
のにまる一日かかっちゃいました。普段車に乗らないのでこんな事になるんですね。
だって、車出すよりも自転車で買い物したほうが早いんだもーん。

仕切りなおしして日曜日に出直しです。
さて、バッテリーが不安なお車。
ジャズじいがとっても心配性な性格なので、信号待ちの間もブレーキ踏みっぱなし
ではなく、サイドブレーキを引いて信号を待ちます。
エアコンは無し。
エンジンが暖まったら車内がいずれ暖まるのでしばらく我慢です。
CDも聞いてはいけません。我慢です、我慢です。

むかーーーし、ジャズじいと結婚したての頃、ジャズじいの愛車はFIAT500という
イタリアのオールド・カーでした。
クラシック・カーに詳しい方なら知っているかも。
映画「グランブルー」でエンゾが乗っていた車です。
ルパンVが「カリオストロの城」で乗っている黄色い車です。
ワタシたち夫婦の年齢に近い、ふるーーーい車(1968年製)でエアコンなんて付いてないし、ラジオさえ付いていない車でした。
乗せてもらっていた当時はなんて不便な車だろうと思っていたけれど、国産車も
不具合が生じれば同じもんですねぇ。
当時は車にラジカセ乗せて走る事に非常にむなしさを感じたものですが、慣れて
しまうとどうってことのないことだったなぁーと懐かしく感じます。
(オートマ仕様があれば自分も乗りたいよ、あるわけないけど…誰か作ってぇ)

今日は幸いにもお天気に恵まれましたけど、すんげー寒かった。
ロックおばちゃん、8月半ば以来遠出をしていなかったので、戻ってきてからちょいと
具合が悪くなりました。
5ヶ月ぶりですからねぇー、寒かったし。
体力の無さを実感いたしました。(泣
まだまだ自分自身のバッテリーの充電が足らないのかもね。
2006年1月18日(水)
フライパン
うぎゃ〜!
更新が一週間にいっぺんになっちゃったぞーぉ。
サボりぐせが付いたかも…。

なかなかお絵かきできるPCに座る時間がなくってぇー。
ノートPCにタブレット欲しいかも…。うひうひ

なんか毎日わんこにまみれてライブドア・ショックだったりしていて日記にするような
新しい出来事がないんですね。
なので、前に使っていたフライパンが何を焼いても食材をダメにしてしまう
状態になってしまったので思い切って捨てて、新しくルクルーゼのフライパン

Le Creuset スキレット 20cm ブルー を購入した話を(コマーシャル?)します。

ええーーっと使った感想は
重いです。

初売りでのできごと

「スラックスの丈はこれぐらいで宜しいでしょうか?」
と青山の店員さんがジャズじいとワタシにズボンの
丈の確認を求めた時、3人の目線はジャズじい
の穴の開きそうなソックス(親指付近)に集中していた。
本人はもちろんのこと、その妻もこんな靴下をはかせて
恥ずかしかったです。笑ったけど…。
その夜晩御飯食べながら、思い出してゲハゲハ笑った。
2006年1月11日(水)
初売りの出来事
うひゃぁ〜1月ももう10日ですかい。
最近日記サボリ気味ですねぇ。
訳があってタブレット付きのPCに座る時間が取れないんですよぅー。
携帯画像の時にはノートでも更新できるんだけどねー。
タブレットはデスクトップにしか付いてなくてぇー(言い訳)

それはさておき、「赤ちゃん連れ去り事件」無事に解決して良かったね。
全国的に有名になったスペルマン病院はロックおばちゃんがシモのヤマイ
の時にお世話になった病院です。

赤ちゃんが収容された先の仙台市立病院は入院していた病院でした。
見慣れた建物もテレビ画面を通して見ると、また違って見えるから不思議です。

と、ここまでが昨日書いた日記でした。
この後、電話が来てジャズじいが帰宅するまで話しをして、そのあと晩御飯の
用意をして、あかねと遊んで「ハチ公」見てダラダラ泣いて寝ました。

--------------------------------------------------------------------
昨日、何を書こうとしたのかすっかり忘れたので、絵日記の方は初売りのできごと
を書いてみました。

ジャズじいの靴下は親指から擦り切れて最後には穴が開くんですけど、ワタシの
靴下はかかとから擦り切れて、気が付くと底のほうは繊維だけになっていて、肌色の
足の裏が見えるようになっちゃいます。
あ!ここまで書いてたら面白い事を思い出しました。

5年ぐらい前のことです。
ジャズじいのいとこの結婚披露宴に招待されて二人で出席しました。
ワタシは留袖のキモノ、ジャズじいはフォーマル・ウェアで出かけました。


披露宴が終わり、席を立って出口に向おうとしていたときでした、
ジャズじいがすごーーーーく困った顔をしてワタシを呼び止めました。
ジャズじい:「歩けない…」
ワタシ:「どうしたの?」

ジャズじいが指差したその先はジャズじいの足先。
彼が足の甲を上下させて見せてくれたのは、みごとに靴底が剥がれてパクパク
している革靴…。

ワタシ:「へっ?!」
ジャズじい:「靴底が剥がれた。歩けないよ」

ジャズじいのフォーマルに合わせた革靴はすごーーーく昔に買ったもので、
下駄箱の中にしまいこまれてその存在すら忘れていた、ほとんど履いた事のない
靴でした。
革靴はどうやら靴底を接着剤で貼り付けただけの安物で、年月とともに接着剤が
その役目を終えた為に靴と底が剥離してみごとな二枚舌な靴に変身していたのでした。
「げっ!そこまで歩けない?」とワタシ。
「無理、完璧に靴底が剥がれて、ほら」とジャズじいがほんの少し足を持ち上げたら
靴底はそのまま床に、持ち上げた足を覗き込むと靴下の裏が見えました。

『面白い。こんなに面白いことは久しぶりだ』
あまりに面白かったので腹をかかえて笑いました。
ジャズじいはすごーく怒ってました。

そんな底なしの革靴では歩けないので、式場のスリッパを借りて帰りました。
ワタシはずうっと笑いが止まりませんでした。

ジャズじいには申し訳ないけど、楽しい思い出です。ふはふは〜。

ことしもよろしく〜
仲よさそうに見えるけど、この後ごっちゃん
(でかいほう)があかね(ちっちゃいほう)に
ガウガウ攻撃してました。
2006年1月3日(火)のち
戌年
戌年なので初絵つき日記の画像をうちのわんこたちで飾ってみました。

みなさま楽しいお正月をお過ごしでしょうか?
我が家は喪中なので初詣にも行かずに(毎年行かないけど)お家で静かに
過ごしていましたよ。

昨日は近くのジャスコの初売りと紳士服の青山でジャズじいのスーツを
買いに行ってきました。
特に変わった出来事はなく、何かあるかと言えば昨年から続く自分のど忘れの
酷さくらいでしょうか。

昨年は28日の出来事。
日記を書いたのが早い時間だったので、そのアホぶりを更新できなかったん
ですが、その日買い物から戻って、ぼっきり折れたマイ・サビサビ自転車を
自転車置き場に置く時に、折り畳める箇所をしっかりボルト留めしようと思って
背中に背負っているデイ・バッグを一旦下に置いたんです。
自転車置き場のセメントの上に。

買い物から戻った時間が夕方4時前のこと、
バッグが無いことに気が付いたのは、夜8時頃ジャズじいが帰宅してから。

さー、ご飯の用意を、と思ったらバッグが無いのに気が付きどたばたと大慌てでした。
我ながら呆れます。
バッグの中身は今夜の夕飯の食材一式…。
なんとか記憶を取り戻して、自転車置き場にバッグを取りに行ったときには、外の
冷気でバッグはひんやりといい感じに冷えておりました。

年が明けて1日。
買っておいた餅をどこに仕舞ったのかど忘れしてしまって、20分くらい探しまわった。
真空パックじゃないのを買ったので、後からカビだらけのものが発掘されるのは絶対
嫌だったので、必死で探した。
なぜか冷蔵庫の野菜室から出てきた。

物忘れの度合いが危険な域に入って来たワタシですが、どうぞ今年もお付き合い
くだされば幸いです。



ごっちゃんの不機嫌そうなかおー
あかねはごちゃんが嫌いです。あははは(涙