バナー
本文へジャンプ

 


細工もどき「きのこ」

先日、川口さんの展示会を見に行ったときに細工の作り方「きのこ」の作り方を教えてもらった。
きのこもきのこ、ワタシのはシイタケみたいだよ。

季節外れだけど、雪だるまを作ってみた。
細工をほんの少しわかったような・・・。
懲りずに水中華

かなりデカイサイズで作りました。
カタチはがたがたですが、お花が可愛らしく咲いています。

この撮影の後、ビシビシとひび割れてしまいました。
うーん。
まだ早いのかな、水中華・・・。

憧れの水中華

習うのはまだまだ先なんだけど、やっぱりやってみたいな、水中華。

パーツは割れずにうまく入れることができたけど、入れた後の形成作業で華が流れてしまいました。難しいですね。

二つ並んでいる右側は、作ってる途中で郵便屋さんがやってきてパーツを埋めてる途中で中断。炙り戻しもしてないから割れるかな?と思ったら、割れなかった。でも、パーツがポッコリ出ています。(泣
割れまくり

やっとこ俵型の過程に入ったので、調子こいて泡玉を自己流で作ってみた。

これまで作った玉が割れることはあまり無かったけど、割れるもんですね。
俵型

やっと俵型の工程に入りました。
自己流で戦国玉を作ってみたけれど、教えていただいた作り方は全然自己流とは違っていて、難しかったです。

円柱同様、修行しないとダメですね。円柱一日一個。
俵型一日一個。
指輪をふたつ

向かって左は総ガラスの指輪。
指輪用のステンレス棒に溶けたガラスを巻き取って作ります。

右は玉の部分を半円状にして作ったものにリング部分をビーズで作りました。
かえるストラップ。

姉に頼まれていた、かえる玉をストラップに組み終わりました。

右端の口の赤いのは失敗。
お口の赤い子以外はすべて里子に出されます。

せんせいに口をかわいく入れる方法を聞いたので、さっそく試してみます。
点打ちと円柱。

毎日円柱の練習をしている。
無地の円柱だけだと、気持ちが苦しくなってくるので、ポップな円柱を作る事に決めた。
お陰様でかかる時間は倍以上になったけど、少しは楽しく修行したいから。
でも、この円柱はまだ角が甘いのです。
基本はトイレットペーパーの形なんです。穴も中心に入っていないといけないし、角もカクっと鋭角になっていないといけないのです。
本当に難しいです。

でも、円柱って基本の中で一番大事な形なのに、柄をかわいく作ってもアクセサリーにならないのよねぇ・・・。
せいぜい、かわいい小瓶に詰めてオブジェというかお部屋を飾る小物でしょうかねぇ。
←せんせいの亀吉くん。

せんせいの作った亀の玉。
中には金箔が入っていて、まるで宇宙の様な美しさ。
ワタシはこの半円の形を真似て、でんでん虫玉とフグ玉を作りました。
でも、せんせいの作品とは全然別物ですぅ〜〜。
ワタシの携帯ストラップ。

せんせいの亀吉くんとわんこ玉(これは五鉄玉)失敗にゃんこ玉。
ス●ィッチと「ポピー・ザ・パフォーマー」の「けだもの」。
作業場。

台所(というか部屋が分かれていないので正確にはキッチン+ダイニング)のガスレンジ脇に板を置いただけのスペース。

人一人が座る幅しかありません。
でも、今のところこれで満足しています。
ガスレンジがすぐなので最近は揚げ物を作らなくなりました。
炒め物だけでも油跳ねがすごいです。がまんがまん・・・。
戦国玉。

先週の教室でせんせいがデモをされていたので、自分も挑戦してみました。
初めての割にはいいかな?
見えてない反対側は歪んでますけど。(爆
一つ一つ点を打っていく作業で、集中力が要る作業です。

これ、終わったあと頭の中まっちろになっちゃいました。
とんぼ玉を習う前は点打ちなんて楽な作業と思っていたのが、大間違いでした。
シンプルな形こそ難しいんです。

←おたまじゃくし。

かえる玉に付けるおたまじゃくしを作りました。

久しぶりに葡萄球を作ったら、あまりきれいにできなかった。
毎日、修行過程を反復しないとダメですね。
かえる玉。

一度に作ったのではないですよー。作った物を串刺ししてみました。

姉が会社の人から(買いたい)と言われたらしく、大量に作れと言ってきました。
気分は女工さんです。(笑
というのは冗談で、修行と思ってありがたく作らさせていただいております。
これもだいぶ安定(大きさ、かたち)して作れるようになってきました。
わんこ玉。(ボストンテリア)

向かって左はパンチくん。
右はスージーちゃんを作りました。

ブル玉はだいぶ安定して作れるようになってきたかなぁ〜。
でんでん虫。

でんでん虫を作ってみました。

工房に持っていって、見せたら「なめくじ」と言われちゃいました。(笑

A家ぱぱには「なめごん」。

くいきりが目玉に当たって、片目になっちゃって、姉に拾われました。
透き通ってキレイと言ってくれました。

わんこ玉。(ボストンテリア)

ちいさいわんこの玉がかわいいので、お友達わんこの「ひまくんとたいくん」を作りました。

左がたいくん。
右がひまくん。
実際はたいくんがおおきいさんなのに、玉はひまくんの方が大きく出来上がってしまいました。

とほほ・・・修行が足りません。

左。
小島模様があるのがたいくん。
右。
後ろの黒い部分が離れているのがひまくん。
ちょっと間が広すぎちゃったけどね。
明日はもっと精進したいです。
がんばって色違いも作りました。
右手が腫れてしまいました。

いや〜、とんぼ玉が高いわけがわかりました。
この玉ではたいしたことないですが、一つ一つの手作りって、本当に大変なんですね。
お花の模様の入ったブレスレットを作ってみました。
全部の玉をひとつづつ作るので、肩がパンパンに凝りました・・・。

画像の色はちょっと暗いですが、オレンジ色です。

周りにいるのは「フウセンウオ」たち。
フグ玉ミニ&わんこ玉。

フグの子供たちと一緒にブヒ玉(わんこ玉)も小さく作ってみました。

やっぱり、小さいはかわいい♪

これまで腕が未熟で、小さく作るのは難しかったけれど、すこしずつ細かい事ができるようになった自分を褒めたいです。。

売れるといいなぁ〜。

せんせいのつてで工房の生徒さんの作品を置いて(販売)くれることになりました。
先日作ったフグの小さい版を作ってみました。

小さいってかわいいなぁ〜。


手作りって顔がなかなか同じにならないところが味なんでしょうかね。フグ三兄弟。
うち、二匹を里子(販売)に出しました。
可愛く出来たものって手放すのも辛いかも・・・。

フグ玉。

フグを作ってみました。
せんせいのカメの玉を見ていたら、この形で何か他のものは作れないかな〜と思案してみた結果の産物です。

タラコくちびる加減が、自分に似ています。(笑
姉の注文のブレスレット。
どうやらインドネシアとかタイとか東南アジア系のグラス・ビーズらしい。
丸い点は「目玉」で魔よけの意味があるという。
ワタシが作っていいんですかね?
神仏はまったく信じておりませんが・・・。
一週間かかりましたがなんとか完成。
姉が欲しがったのではなく、姉の友人が欲しがっていたとのことでした。
こんな感じなのでしょうか?
目玉おやじ様のグラス・ビーズです。よく見たら、点がもういっこ足らない様です・・・(汗


姉がメールで「こんなブレスレット作って」と言ってきた。
あらま、なんと個性的な。
全部一個ずつ作るから(あたりまえ)こりゃ大変だわな。
初めに

仙台から横浜へ転居をきっかけに2006年11月から川崎の「彩ガラス工房」でとんぼ玉を学び始めました。
これまで趣味でビーズアクセサリーを作って来ましたが、とんぼ玉の技術を学ぶことによってガラスビーズから自分だけのオリジナルを作る事ができることが、一番の魅力と感じました。
まだまだ学びたい事(ガラス細工やステンドグラス、彫金など)があるので、学んだ事を記録として残していければ良いなと思っております。
手作りの楽しさや苦労話しなど楽しんでいただけたら嬉しいです。