2005年11月
わんこの日記

わんこTopに戻る
2005年11月29日
いいもの大会

ごっちゃんはプラスチックでできたふたつき容器が好きだった。

キシリトール・ガムのファミリーサイズのやつとか、サプリメントの容器とか、だ。

今日は綿棒が入っている半透明容器が空になったので、ごっちゃんにあげた。

以前ならわりと遊んだのに、すぐに飽きて放置していた。

なので、あかねちんにあげてみた。

ものすごく喜んでカミカミして遊び始めた。

ごっちゃんはどうやらそれが気に入らなかったらしく、楽しく遊ぶあかねちんにいっちゃもんをつけはじめた。

どうも今日は虫のいどころが悪いらしく、雰囲気もヤ○ザな感じだ。

あかねちんがドタバタと体全体で遊んでると、「ガウガウ」とうるさくいっちゃもんをつける。

あかねちんは気にするどころか「これいいでしょう?」という感じでサークルギリギリまで容器を持ってきてじゃれ始めた。

それならってんで、ごっちゃんは先日飼い主からもらったばかりの牛のヒヅメをサークルギリギリに持ってきて噛み始めた。

あかねちんは「いいなーぁーそれ」に変わって、サークルの中から手を伸ばして欲しがった。

ごっちゃんは「やらねーよ〜」とばかりにスッとヒヅメを遠ざけて、あ、と落としたふりをしてまたヒヅメを近づけた。

今度はあかねちんが「ぎゃうぎゃう」と怪獣のような声を出して悔しがるものだから、飼い主は新しいヒヅメをあかねちんにあげた。(どうせまだかじれる年齢ではないのだけれど

あかねちんはサークルギリギリに新しいヒヅメを持ってきて見せびらかすものだから、今度はごっちゃんがサークルに手を入れてヒヅメを取ろうとした。

なんか、お互いヒヅメを楽しむんじゃなくて、他人の持ち物に嫉妬してるみたいだった。

きりがないので、いつものコング・タイムに切り替えた。

ヒヅメは2匹とも没収。

けど、今日のごっちゃんはなんとなくタチが悪い。

昼寝の時間になっても寝ないで、あかねちんにクダ巻いてる。

あかねちんはお構いなしに日向ぼっこ。

夕方、ぷーままが来たので、少しの時間部屋で立ち話をしていた。

飼い主の気が他に移ったのを良いことに、ごっちゃんが眠っているあかねちんの頭をサークル越しに”ペシペシ”叩いた。(暗いやつ…。

叩かれたあかねちんはさして気にする様子も無く、あくびしてまた寝た。

あかねの耳が立ちそうです。
2005年11月28日
あかねの耳が

ごっちゃんがうちに来た時には4ヶ月で、もうおっきいさんだったから耳が垂れているパピーは本当にそれだけで新鮮ー!

噛み噛み攻撃もすごいです。

パピー用のコングを買ってきて、午後のおやつの時間にチーズを入れてごっちゃんとそれぞれにあげています。

ごっちゃんは自分がおやつをもらうと、あかねのサークルの前におやつを一旦置いて、見せびらかすように食べます。

あかねはまだおやつを知らないから、何か食べてるなぁ〜って不思議そうに見ているだけなんだけど。

なんとなくいじわるな行為だなぁーと思っていたら、群れのリーダーは自分の下のものに獲物を持っていくみたいだね。

ごっちゃんがうまくあかねのリーダーになれればいいんだけどなぁ。

なにせヘタレなんで。

あかねにケンカ売られてびびり腰だからなー。

そうね、耳の立ち具合なら立派なんだけどね…。

あかねちんには負けそうですわ、わし〜。


明らかにあかねがごっちゃんを嫌がってる様子
2005年11月27日

あかねの目が「嫌です!」って、言ってます。

まずはニオイを覚えてもらわないとね、あかねちん。

でも、柵越しにはあかねが先にごっちゃんにケンカ売ってますよ。

この後、ごっちゃんがヤキモチ焼いてクッションにやつあたりしてました。

あまりごっちゃんの前ではあかねを構わないことにしたけど、今度はあかねがかわいそう。

なるべく上手い具合にどちらも満足できるようにがんばるしかないよねー。

マシュマロおばちゃんが遊びに来ていたので、撮影してもらいまいした。


う〜〜ん
マシュマロおばちゃんが接写!!まどろむごっちゃん

ん?!邪魔するなよぉー。

やはりカメラ嫌いですねぇ。
眠っている姿をあまり撮影したことがありません。


眠いよう〜

がくっZZZZZ
2005年11月25日
高イビキ

今日の昼下がり、ごっちゃんを連れて散歩に出かけて帰ってきてから、あかねちんを連れてぷーままんちに遊びに行きました。

ぷーちゃん(チワワ)はあかねちんのテンションの高さにちょっとびびって遠巻きに見ていたけど、お互いキライなわけではないようです。

(あかねちんはごっちゃんがキライみたいですが…汗)

2日前にAさん一家のおうちに遊びに行ったときはあかねはものすごいテンションで遊びまくったんですけど、ぷーままんちではわりと良い子にしていてくれて安心しました。

ぷーままに遊んでもらって、そのまま腕の中でうたた寝しちゃいました。

お家に戻って来たら、ごっちゃんもまどろんでいたので、飼い主も一緒にソファでちょいと休憩。

わんこたちが寝たら、部屋の片づけをしようと思っていたんですが…。

あかねのサークルからすんごいイビキが聞こえてきます。

ごっちゃんもクッションにあごを乗っけて寝たりするとすごいイビキをかくけど、それより音が高いんですよ。

豪快な高いびきが「んごごごごーー!!」ごっちゃんは額にしわを寄せて「眠れねぇ」と抗議の顔。

どんな格好で寝てるのかな、とそーーと覗いたらベッドの縁に顔を乗せて、うつ伏せ寝状態。

気道が塞がってませんかね?

爆睡しているので起こさないようにして、ごっちゃんにも「おまえもイビキかくんだからさ」と説き伏せて昼寝をしてもらいました。

理解したかどうかはわからなけど、ごっちゃんはしばらくすると白目むいて寝ていました(笑。


ぎゃいぎゃい鳴きながら回ります

2005年11月24日
そのお口の中に

あなたならどっち?
飼い主のあなたはお勤めから帰ってきました。又はちょっと長い時間の買い物から戻りました。

@お留守番をしていた仔犬はサークルの中でうんちにまみれておりました。

せっかく用意したかわいいパピーベッドも部屋の壁にもうんちは飛び散っておりました。

それでも仔犬はうんちまみれのからだ全体を振って飼い主の帰りを喜んでくれました。

Aお留守番をしていた仔犬はサークルの中でうれしそうにシッポを振って飼い主の帰りを待っていました。
シートにはおしっこの跡しか見えないです。

@は先住わんこのごっちゃんです。

ごっちゃんを迎えた時に、飼い主は二人とも仕事をしていたので、トイレのトレーニングにとても苦労しました。

Aはあかねです。

文章を読むだけだと良い子っぽいんだけどねー。

あかねちんは、うんちを食べていたんですねー。うぎゃああー!!ですよ。

ごっちゃんはそんなことが無かったので、ソレを初めて見た時にはショックでしたね。

あああーー、しょくふん♪    るるるーーーしょくーふん♪

これがそうなのか〜って感じでした。

しゅるしゅるとかわいいあかねちんのお口の中に吸い込まれるようにソレは入っていきました。

飼い主も負けていられないので、あかねちんが食べる前にうんちをゲットすることに情熱をかたむけております。

するとあかねちんも負けません。

うんうんと、ひりだすとクルリと背中方面に頭を向けてすばやくうんちを食べようとします。

昨日なんて接戦の末、気が付いたら飼い主はトイレットペーパーから指がはみだして素手でうんち

を掴んでおりました。おーま〜ぃ!

トイレシートにわずかに残る残骸を時計回りにくるくる回って横取りされないようにがんばるあかねちんの姿に絶句しました…。


飼い主1のロックおばちゃんは朝からわんこたちのウンチ採集。

あかねちんのウンチの具合が良いので、2回目の検便をしてもらう為だ。

ついでにごっちゃんの検便もしてもらうことにした。

あかねちんに虫がいなくなっても、ごっちゃんに虫が付いていたらうつしちゃうからね。

結果は

二匹共に虫無しーー!!おめでとうございます。

先生の話を詳しく聞いたらば、あかねちんに付いていた虫は「べんちゅう」じゃないことがわかりました。というか、前回、ちゃんと話を聞いてないうわの空飼い主1。ワタシ?うへへ。

とても珍しい虫で「じあんじあん」だか「じょあんじょあん」だかっていうらしい。←またしても

ちゃんと聞いてないし…。(まあ、いいか、もう腹ん中にいないんだしぃーうへへへ)

これで、ごっちゃんはさらにあかねちんに接近することができますー!

「さー、ごっちゃん。今日は柵ぬきでサークル越しにご対面ですぞ〜」

柵が取り払われた途端、ハアハアいいながら部屋に入ってきたごっちゃん。

あかねのニオイをクンクンし始めました。

だんだん興奮してきて、甲高い声で鳴き始めました。

飼い主1、今まで聞いたことがないんですけど?

「きゃほぅ〜きゃほぉ〜」に近いような…?

この様子は谷岡ヤスジの世界にとても近いと感じた。

2005年11月22日

嫌われた男

テンションの高さが、こんな感じ

こんなアホな興奮ぶりにあかねちんがびびったか、クレートの奥に引っ込んでしまいました。

ごっちゃんの声が「きゅうんきゅうん」と悲しい声に変わっても、あかねちんは奥に引っ込んだまま。

「おかあさま、わたくしこんなアホなおにいさまほしくありませんことよ」

とでも思っているに違いない。

「はい。たーーいむ・あっぷ!今日はここまで」ごっちゃん、えっ?もう終わり?という感じで渋々部屋を出ました。

その後はしばらくあかねちんの部屋の前をうろうろ。

あかねちんは完璧無視を決めてました。

嫌われた男、ごっちゃん。

夕べ遊びに来ていたマシュマロおばちゃんに、うまいもん催促。目が真剣です。


畑 正憲
ムツゴロウ動物王国・犬がよろこぶしつけの学校 Gakken Mook
2005年11月21日

先日、こんなMOOK本を買った。

ムツゴロウさんというと一般の人は、お笑いのマネネタみたいで「ぷっ」と思うかもしれないけど、ワタシにとってはこれほど犬猫の気持ちを知っている人はいないんじゃないかと思う。

この本はムツゴロウ的家庭犬ガイダンスというべき内容で、ワタクシにとっては目からウロコな内容が多かったです。

あかねを飼い始めてからまだ日が浅いですが、躾は初日からと言われることもあって

トイレのトレーニングから始めたりしていたんですけど、あかねの躾をどの方向でやるかを悩んでいました。

それというのも、先住わんこのごっちゃんは警察犬訓練士の先生の躾教室で躾を学んだんですけど、小型犬にこの躾の方法は厳し過ぎたのではないかと思っていたからです。
ごっちゃんは臆病で神経質で、性格によってはその躾方法が向いていない場合もあるのかもしれないと思いました。

ごっちゃんの他人(他犬)に対する攻撃性はなぜなのか未だに飼い主にも分かりません。

でも、この本を読んだら、あるがままにでいいのかな?って気になりました。

あかねにはムツゴロウ的犬の躾方法を実践したいと思います。

ごっちゃんにはお散歩の時に試して見たいと思います。

来年の4月には「ムツゴロウの犬学のススメ」という本が発売されます。

ちょっと楽しみです♪

久々にごっちゃん.
写真ギライなんだけど、珍しくじっとしててくれました。

今日はあかねの写真撮影。

anicomのどうぶつ保険に加入の為に、わんこ保険証用の写真を送らなければならないのだ。

服を着せないで全身がわかる状態で、という見本の写真には仰向けに転がった子犬の姿が。

同じ様に撮影を試みようと思うものの、肝心のモデルがじっとしていない。

仰向けになんてなってくれないのだ。

仕方がないので、飼い主の支え手付き。

2005年11月20日
写真撮影

目つぶっちゃいました

これが採用版

後ろ姿…

あかねは押さえつけられて不機嫌な顔。

気温は低いけどお天気だったので、ごっちゃんと2ヶ月ぶりにお散歩へ出かけました。

お散歩コースに自分のニオイが残っていないからか、マーキングに一生懸命でした。

後ろ足で土蹴り上げるのも激しかったよ〜。

飼い主の体調の良いときにまた散歩しようねぇ。

2005年11月18日
見つめる男

対面してからというもの、ごっちゃんは時間があればあかねちんのいる部屋へ行ってあかねを見つめている。

あかねが寝ていれば、すぐに自分の普段いる部屋に戻って来るけれど、あかねが起きて、シッコやうんちをするような時は「きゅんきゅん」鳴いて(本人はそんなつもりはないだろが)飼い主に知らせてくれる。

これは本当に助かる。

ごっちゃんが鳴いているので、部屋を覗くと、まさにあかねちんがウンウンとうんちをしている最中だったりするので、飼い主はうんちをすぐに始末ができるから。

ごっちゃんは自分のうんちの時も同じように「きゅんきゅん」鳴いて『始末しろ』と教えてくれる。

たとえそれが真夜中でも・・・だ。

最近はうんちのサイクルが真夜中じゃなくなったので、夜ごっちゃんに起こされる事はないんだけど、ここ最近はあかねっちに夜中2回は起こされる。

面白いことに、あかねっちはうんちとシッコをする時に「うんぎゃうんぎゃ」鳴くのである。

鳴き方はまだアカンボなんで、怪獣みたいで可愛くないんだけど、ごっちゃん同様、飼い主的にはとても助かる良い仕草です。

飼い主があかねちんの世話をしていると、ごっちゃんは嫉妬して「きゅんきゅん」同じように鳴きます。自分も一緒にいたいんだろうけど、それはまだまだ先のことなのでごっちゃんはガマンです。


ますます活発なあかねちん

うんちもお陰様でりっぱな優良うんちになりました。

ごっちゃんが小さいときに使っていたゲージに住んでもらっているんだけれど、屋根が無いので逃亡を図ろうと柵をよじ登ります。

まだ成功はしていないんだけど、降りるときに2本足で床に着地して、まだ肢がしっかりしていないので、そのままヨロヨロと酔っ払いのようにバランスを崩して、しょっちゅう頭を柵にゴンとぶつけています。

笑っちゃいけないけど、すんごく面白い。

ごっちゃんは臆病な性格なので、この柵をよじ登るとかしたことがありませんでした。いまだにこのゲージと同じ高さの柵を越える事ができません。

うちに遊びに来た人が、柵があまりに低いので「これじゃー、飛び越えちゃうんちゃない?」って言われるけど、小さいときから無理だと思っていることはしない性格らしく、大きくなった今でも飛び越えた事がないのです。ちなみに柵の高さは30cm位です。

将来はこの低い柵もあかねちん用に高くて丈夫に替えなきゃいけないかも…。

性格の違いがまた一つ。

土曜日にでも屋根つきのゲージを買いに行ってこなきゃ〜。

2005年11月16日
なして?

あかねが来てから、隔離部屋の前の扉周辺にマーキングをしはじめた、先住わんこのごっちゃん。

得体のしれないニオイに対するオス犬ならではの行動なので仕方がありません。

今のところ接触さえしなければ、姿を見せたほうがこのシッコ攻撃を止めさせられるのかも、と思い隔離部屋の扉を開けて柵を設置しました。

柵越しに「じぃぃぃー」とあかねを見つめるごっちゃん。

もう少し近くで見せたらどうだろう、と思ってあかねをほれっと近づけたら、滝の様な鼻水とよだれを流して、走って逃げて行った。 

これが”とまどい行動”なんでしょうか?そんなのあるんでしょうか? ないです・・・。

そして、今朝のあかねっち。

夕べからピーピーと下痢を繰り返しまして、今朝方には血便になっちゃいました。

朝一番でごっちゃんのかかりつけのお医者さんへ連れて行きました。

先生はあかねっちの活発さを見て「こりゃー、大きくなったらごっちゃんが負けちゃうかもね」と飼い主も感じていたことをズバリ言い当てました。
実はあかねっちが我が家に来てから毎日感じる事が、ごっちゃんとの性格の違いでした。

これから大きくなるに連れてどんどん違いが出てくるんだろうねー。

なかなか勝気な仔ですよ。食べ物への執着心も凄いし・・・。

診断の結果なのですが、便を診てもらったところ、ベンチュウとかいう虫がいたということでした。数は多くないので、早めの駆除で大丈夫との事でちょっと安心しました。

かわいそうに注射を2本もお尻に打たれて「ギャーギャー」鳴きました。

会計を待っている間もジタバタと動き回っていました。(ごっちゃんの小さいころはお膝の上で静かに待っていたものです:回想)

パピーバックをもっていなかったので布の肩がけバッグにそそう用のシートと箱ティッシュ等と一緒に入れて行ったのですが、それらを足場にしてどんどん飼い主の胸のほうへよじ登ってくるのです。ちょうど胸の上に到達した頃、「うくっうくっ」とえづきはじめ、げろり〜と朝ごはんを戻してしまいました。ちょっと張り切り過ぎたんだね。

ティッシュを取り出してふき取ろうとした時既に吐き出したものは、スルスルとあかねっちのお口の中に入って行きました。驚くべき速さ。モノを粗末にしない良い子です。(うえっ〜)

2005年11月15日
名前が決まったよ

今日、体重測定したところ818gでした。

飼い主1(ロックおばちゃん)の写真撮影技術が良くないので、こんな写真・・・。

他にも撮ったけど、お尻しか写らない、つーか、撮れないの。動きが活発で…。

名前が決まりました。

仮名だった「あんこ」は友人、知人から、ひじょ〜に評判が悪かったので、却下。

飼い主2(ジャズじい)が『秋生まれだから「あかね」はどうだ?』と。

他に考えていた名前は「お熊」先住わんこが「五鉄」なので「一鉄子」「三子」はどうだ?とろくな名前を思いつかなかったので、一番まともな「あかね」に決定です!!


2005年11月14日

こんぬつわ!

家に新しく家族が増えましたー!

名前はまだ仮名で「あんこ」です。ボストンテリアの女の子(2ヶ月)です。

「あんこ」ちゃんはまだワクチン接種が2種しか終わっていないので、先住犬のわんことは接触が出来ない為、別室にて隔離状態。

隔離室は飼い主二人が「あんこ」ちゃんの可愛らしさに大盛り上がり。

その気配を察してか、先輩わんこは磨りガラス越しに陰気な(オーラ)をどんよりと醸し出しておりました。

嫉妬深い性格なんで今後が思いやられると思いますが、いつか二匹が寄り添って日向ぼっこが出来る日を目指して、がんばるぞー!


直線上に配置