2006年4月
わんこの日記

わんこTopに戻る

2006年4月20日
ごっちゃんのこと

今日は朝からずっと雨だったね。

せっかく咲いた桜も散ってしまうよ。桜

実は昨日の朝の散歩でごっちゃんは左後ろ足の裏を何かで切っちゃったらしく、出血してしまいました。ここのところイジケ足舐め行為が復活していたから、足の裏の皮が弱くなっていたのかも…。

散歩の後の足を洗っていたら気が付いたので、前に獣医さんとこで出してもらった傷薬を塗って、コットンをあててジャズじいの靴下(切って)履かせた。

靴下
嫌なんだな、わし。これ…ガミガミ

ごっちゃんは足舐め(自傷行為)のクセがあるので、しょっちゅう爪から血とか出していたので、飼い主も処置が早いのでした。病院の先生には今日「こうだったよー」と伝えてOKでした。しっぽフリフリ

ガーンごっちゃんの”てんかん”そのご。

実はあまり良くなくて、今月はもう3回発作がありました。

いまのところ治療として精神安定剤的な内容のものを投与していただいています。

てんかん薬を使う方法もあるんだけど、飲めば一生飲み続けなければいけなくなる事がほとんどだということと、肝臓疾患などの副作用が出ることがあるので、いまのところまだその薬を使うのをためらっております。それでなくても今飲んでいる薬も食欲増進の作用があるらしく、実際体重もずいぶん増えました。

先生にあかねを迎えたことに原因はあるのか聞いたけれど、それが直接の原因とはいいきれないし、解らないと言われました。今思えば小さい頃から口から泡を沢山ふいたりしたこともあったし、それを考えれば先天性と考えたほうが良いのかもしれません。

2006年4月18日
久々にあったかーい

仙台もやっと桜が開花しました。

ごっちゃんの毎日のお散歩コースにも小さな野花が咲いてとってもキレイです。目細〜
「ごっちゃん!」と呼んだら、目がほそーーーい

気を取り直して、「ごっちゃーん」
と呼んだものの、頭上にヘリコプターがバラバラへり

ごっちゃんの散歩が終わったあとに、あかねの散歩ー。

あかねは久々のお散歩に発奮。

はじめての「ハアハア顔」を披露してくれました。ハアハア顔

ぷーまま撮影だよーん♪
この後、ぷーままんちで暴れまくりました。

あかねは7時にはバタン・ぐーでした。
あかねハアハア顔の動画はコチラ↓http://www.popn-happy.com/wan/wanmovie4-06.html

2006年4月10日
シャンプーの日

今日はちょっと寒かったけど、わんこ2匹をシャンプーしました。
あかねはまだ一回しか洗った事がなくて、干物系のオイニイ(ニオイ)がぷ〜〜んと匂います。

ごっちゃんを洗うのも久しぶりだわい。

あかねはフケがすごくて、洗った後も背中をカサカサすると、わりと大き目のがポロポロと出てきちゃいます。ショック!

ごっちゃんも同じ頃はフケが凄くて病院で出してもらったノルバサン・シャンプーを使っていました。

現在は老犬用フードにしたら、だいぶ良いです。

先にごっちゃんを洗って、ドライヤーで乾かして、次にあかねを洗いました。

先に終わったごっちゃんは洗面台の下でじーっとあかねが洗われているのを見ていました。

あかねはそれがすごく嫌だったらしく、ごっちゃんの顔の見えないほう、見えないほうへとジタバタ動いて洗うのが大変でした。

(最近のごっちゃんとあかねの関係はトムとジェリーみたいです。逃げるあかね、追い立てるごっちゃん。飼い主は別々飼いに慣れてしまいました。仲良くさせる気力もありません汗ま、なんとかなるべ…)レーズン
今朝、ジャズじいが残した朝食のレーズン・パンを夕方、ワタシが食べたさらに残りをいただいたごっちゃん。あげたときには気が付かなかったけど、ごっちゃんってレーズンが苦手だったんだわ。

すんごいいやーーーな顔をしてレーズンだけ「ペッ」と床に吐き出したよ。
これ
あかね、最近カメラを構えると突進してきます。

ごっちゃんとおんなじだぁ〜ガーンパンダのぴーぴー
ぱんだのぴーぴーもだーいすきだよパンダ

友人に共食いに見えると言われた。あははは足あと

2006年4月7日
丸呑み

予防接種を受けた次の日、お医者さんから「2,3日はお散歩は控えたほうが良いですよ」と言われたので、いつもの激しい遊びができないあかねの時間つぶしにブタミミをあげようとと思ったら、まるごとブタミミの在庫が無かった。

しかたないので、ごっちゃん用のカットブタミミをあげた。

あかねは口に入るサイズは噛まずに丸呑みなので、いつもまるごとの大きいのをあげて、ころあいを見て取り上げていた。

カットされていると、ある程度の大きさになると丸呑みしちゃうので、いつもより注意しなくっちゃーと思っていたら、けっこう早い時間にお口に入るサイズになったようだ。

かみかみ

うがぁうがぁ〜

横からのぞくとまだ半分の長さにしかなっていないのに「うがぁうがぁ〜」言いながら、飲み込もうとしている。
さて、取り上げるか…

「あかね」と名前を呼びながら、近づくと「ぶーぶー」鳴きながら逃げる。

逃げる

逃げる


最近、動きがますます活発で捕まえるのが難しい。あせるやっと捕まえると、あかねは大急ぎで残ったブタミミを全部口の中に格納して飲み込もうとがんばる。

口に指を入れて取り出そうにも、首をぶんぶん振って抵抗されるので、とっても無理だ。

あかねをさかさまにしてみたり、振り回して(キケンです)みたけれど、飼い主の狼狽ぶりを無視して彼女はけっこうな大きさの塊をごっくんと飲み込んだ様だった。

多分、大きすぎるからゲロリするんだろうなーと思って下に降ろして様子をみてみたけど、彼女は何事もなかったかのように”ケロリ”としていました。


ケロリ
アニメっぽくかわいく描きたかったんだけど…。

獣医さんの話だとブタミミとヒズメはゼラチン質なので少々大きいのを丸呑みしても、お腹の中で溶けちゃうので大丈夫だよって事でした。

アキレス腱なんかは完全に溶けないみたいですね、ごっちゃんのうんちに残ってる事があります。あとはグリニーズも。

2006年4月4日 

春の恒例(狂犬病予防注射)

今日はごっちゃんとあかねを狂犬病予防注射を受ける為にかかりつけの病院へ行きました。
あかねは初めての接種でした。

ごっちゃんはてんかんの症状があるので今年は秋まで様子見することになりました。(痛い思いをしなくてラッキーだったのかな?ごっちゃんにとっては)
ごっちゃんの体重は10kg!!ぐはっ!
あんなにガリガリだったのに、今年に入ってから急激に太りはじめました。(汗

あかねは5ヶ月に入ってから成長著しく、まる6ヶ月の現在で4.25sまで大きくなりました。ねむ〜

「おしりに”ちくっ”て、あかね痛かったよぉー汗
犬の注射について
最近はおしりにするのが『良い』とされているみたいですね。犬にとってはおしりのほうが痛いらしいんだけど、首は骨に(頭蓋骨?)近くて良くないらしいです。

おしりは人間の子供でもそうだけど筋肉なんで薬液をとどめて少しずつ効能を浸透させることができるそうだからなんだそうです。首の後ろのところの注射は犬にとっても痛くなくて良かったみたいだけどね〜。

ごっちゃんは肢が悪いので、肢の炎症を起こしたりすると注射をする回数がけっこう多いのですが、前は首の後ろにされるのをがまんできたんだけど、最近はおしりにされると小さく「キャン」て鳴くことがあります。

やっぱり、おしりって痛いんだよねぇー。


直線上に配置